PR

ニュース 政治

自民・岸田氏が「核全廃」本出版 9月に続き2冊目、来年総裁選へアピール 

著書の購入者との記念撮影に応じる自民党の岸田文雄前政調会長=15日午後、東京都千代田区(永原慎吾撮影)
著書の購入者との記念撮影に応じる自民党の岸田文雄前政調会長=15日午後、東京都千代田区(永原慎吾撮影)

 自民党の岸田文雄前政調会長は15日、東京都内の書店を訪れ、同日発売となった自身2冊目の著書「核兵器のない世界へ 勇気ある平和国家の志」(日経BP社)をアピールした。

 岸田氏は記者団に「核兵器のない世界を実現するという理想に向けて具体的にどう取り組むのか、一冊の本にまとめた。ぜひ多くの方に読んでほしい」と述べた。岸田氏は9月の自民党総裁選直前にも政策本「岸田ビジョン 分断から協調へ」(講談社)を出版したばかり。相次ぐ著書の出版は、すでに出馬への意欲を示している次期総裁選に向け発信力を強化する狙いがある。

 今回の著書では、被爆地である広島出身の国会議員として核廃絶への思いがつづられており、オバマ米元大統領らが掲げてきた核全廃の「松明(たいまつ)」を「この手にしっかりと引き継ぎたい」と訴えた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ