PR

ニュース 政治

大使館のメール拒否に疑問 河野太郎氏、外務省が改善

河野太郎行政改革担当相
河野太郎行政改革担当相

 河野太郎行政改革担当相は14日、在インドネシア日本大使館が業務時間外にメールを受け付けていないと自身のツイッターで紹介し、疑問を呈した。吉田朋之外務報道官は記者会見で、今後は24時間受信するよう対応を改善すると明らかにした。

 河野氏は前外相。苦情が寄せられたため自ら試したと説明し「なんでだろう。歴代の外務大臣は何してたんだ。あっ、すみません」と書き込んだ。

 外務省によると、インドネシア大使館は新型コロナウイルスの感染防止策として、3月下旬から査証(ビザ)の申請など全ての窓口業務でメールによる事前予約制を取り入れた。9月上旬から、メールの受け付けを業務時間内に限定していたという。

 在インドネシア日本大使館は14日の声明で、「在留邦人の皆様に無用のご負担をおかけするのみの全く不適切なものであったと深く反省をしております。心からおわび申しあげます」と謝罪。専用メールアドレスを新たに開設するなどの対応策を導入すると表明した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ