PR

ニュース 政治

杉田副長官の国会招致要求 学術会議人事で野党「関与濃厚に」

杉田和博内閣官房副長官
杉田和博内閣官房副長官

 立憲民主党の安住淳国対委員長は14日、自民党の森山裕国対委員長と国会内で会談した。安住氏は、政府が日本学術会議の新会員候補105人のうち6人の任命を見送った経緯を明らかにすべきだとして、26日召集予定の臨時国会に杉田和博官房副長官を出席させるよう求めた。森山氏は検討する考えを示した。

 杉田氏は政府の事務方トップ。日本学術会議の人事をめぐっては、新会員に任命できない候補が複数いるとの報告を菅義偉(すが・よしひで)首相にしたとされる。森山氏は会談後、記者団に「事務の副長官が国会に出るのはあまり前例がない。慎重であるべきではないか」と述べた。

 また、安住氏は会談で、自民党の憲法改正推進本部(衛藤征士郎本部長)が党の改憲案を策定する起草委員会の初会合を開いたことを念頭に「他党を無視して独走するなら国会での憲法論議はできなくなる」と不快感を示した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ