PR

ニュース 政治

武田総務相インタビュー詳報「流れができれば携帯電話の乗り換え競争始まる」

インタビューに応じる武田良太総務相=13日午後、東京都千代田区(三尾郁恵撮影)
インタビューに応じる武田良太総務相=13日午後、東京都千代田区(三尾郁恵撮影)

 武田良太総務相は13日、産経新聞のインタビューに応じ、菅義偉(すが・よしひで)内閣が掲げる携帯電話料金の値下げについて、大手携帯各社に「諸外国に対して遜色(そんしょく)ない水準」の実現を求めたことを明らかにした。また、NHKの受信料引き下げを、NHK会長らに直接要請していたことも判明した。インタビューでの主なやり取りは以下の通り。

 【菅政権】

 --菅政権になり、どんな違いを感じるか。

 「首相自身が総務相や官房長官の時の、いろんな思いを一個一個、実現に向けてアクセルを踏んだところは感じている」

 --首相が一番やりたかった政策を任されるに当たり、どんな言葉をかけられたか。

 「どうこうせよという細かい指示をする人ではない。しっかりとした認識を持ち、方向性も明確に示され、きちっとした結果を出すことを非常に重要視するリーダー。やれるだけやってみようというのではなくて、結論を出そうとターゲットを決めて取り掛かっていかなくてはならない」

 【携帯電話料金】

 --大手携帯電話会社(キャリア)にどのような働きかけを行ったのか

 「一番言いたかったのは新型コロナウイルス禍における家計負担を軽減するということ。国民の公共財産を使ったサービス業者に何ができるか考えていただきたいと。もう一つは、大手3社による寡占(かせん)状況は異常であるということ。新規参入しにくい状況により、安定的な高値を維持できるわけだから。公正な市場競争が働く環境にないなら、作っていくのは当然のこと」

 「コロナ禍での家計負担軽減というのは、(対応が)1カ月遅れるごとに負担が増えていく。スピード感を持って対処していただきたいと要請した。われわれの言い方としては『諸外国に対して遜色(そんしょく)ない水準』。国際水準というのはむしろ当然のことと私は思う」

 --菅内閣発足から1カ月でキャリア3社がそろって値下げの意向を示しているのはなぜか

 「やっぱり首相を始め、われわれの覚悟、コロナ対策に対する覚悟が伝わったんじゃないか」

続きを読む

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ