PR

ニュース 政治

首相、感染対策と経済両立へ決意 地方6団体と初協議

国と地方の協議の場で発言する菅義偉首相=13日午後、首相官邸(春名中撮影)
国と地方の協議の場で発言する菅義偉首相=13日午後、首相官邸(春名中撮影)

 全国知事会など地方6団体と閣僚らが意見交換する「国と地方の協議の場」が13日、オンライン形式で開かれた。菅義偉内閣発足後、初の開催。菅首相は「新型コロナウイルス感染対策と社会経済活動の両立に向けてあらゆる対策を講じる」と決意を示し、知事会長の飯泉嘉門徳島県知事は、対策に必要な地方の財源を確保するよう求めた。

 菅首相は冒頭で「活力ある地方をつくることは菅内閣の最も重要な政策の一つだ。地方に関わる重要課題については、国と地方が連携して取り組む」と強調した。

 飯泉氏は「感染拡大を抑えながら社会経済活動を行うには、地方の一般財源総額をしっかり確保してもらう必要がある」と述べ、地方創生や雇用維持に取り組む財源の拡充を要請した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ