PR

ニュース 政治

政府、中国に再び厳重抗議 尖閣領海侵入最長で

会見に臨む加藤勝信官房長官=13日午前、首相官邸(春名中撮影)
会見に臨む加藤勝信官房長官=13日午前、首相官邸(春名中撮影)

 加藤勝信官房長官は13日の記者会見で、尖閣諸島(沖縄県石垣市)周辺の領海に11日午前に侵入した中国海警局の船2隻が現在も領海内にとどまっていることを明らかにし、「丸2日を超えて、こうした状況が続いている。誠に遺憾だ」と述べた。

 今回の侵入は平成24年9月の尖閣諸島国有化以降、過去最長だった今年7月4~5日の39時間23分を超えている。加藤氏は12日に続き13日も外交ルートを通じて中国側に重ねて厳重抗議したと説明し、「引き続き緊張感を持って、わが国の領海、領空、領土を断固として守る。中国側に対しては引き続き冷静かつ毅然(きぜん)と対応していく」と語った。

 中国への抗議のレベルを引き上げるかどうかについては「まずは繰り返し厳重抗議するということだ」と述べるにとどめた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ