PR

ニュース 政治

押印廃止のマニュアル作成へ 河野行革相、キャッシュレス化も

閣議に臨む河野太郎行政改革担当相=13日午前、首相官邸(春名中撮影)
閣議に臨む河野太郎行政改革担当相=13日午前、首相官邸(春名中撮影)

 河野太郎行政・規制改革担当相は13日午前の記者会見で、役所や役場での押印廃止をサポートするためのマニュアルを作成し、各自治体に配布する意向を示した。あわせて押印廃止マニュアル作成後は、各自治体のキャッシュレス化に着手する考えを示した。「行政サービスの便利化を後押ししていきたい」と語った。

 河野氏は押印廃止マニュアルに関し「福岡市のように押印の廃止を行っているところがある。そうした自治体の経験をベースに、役所・役場の業務でいかに押印廃止ができるかというマニュアルの策定をやってもらいたい」と説明「それを各自治体に配布し、業務の改善の参考にしてもらいたい」と語った。

 また、河野氏は「介護など、高齢化の中で(各自治体で)人手をかけなければいけない部分の業務が増える。そういった業務をよりぬくもりのあるものにするために、業務の効率化ができる部分は効率化をしてもらう必要がある」と強調した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ