PR

ニュース 政治

加藤官房長官、普天間飛行場「1日も早い全面返還を実現」 長官就任後、沖縄初訪問

沖縄県内の主要な米軍基地などの上空視察に向かう加藤官房長官(右から3人目)=10日午前、那覇市
沖縄県内の主要な米軍基地などの上空視察に向かう加藤官房長官(右から3人目)=10日午前、那覇市

 加藤勝信官房長官は10日午前、訪問先の沖縄県で、米軍普天間飛行場(宜野湾市)など主要な在日米軍基地を、自衛隊ヘリで上空から視察した。官房長官と兼任する基地負担軽減担当相として、基地問題の現状を把握する狙いがある。加藤氏が沖縄県を訪問するのは官房長官就任後初めて。

 加藤氏は視察後、同飛行場の名護市辺野古への移設について「政府としても1日も早く同飛行場の全面返還を実現する考えには変わりはなく、そのためにも辺野古移設に向けた工事を着実に進めていく」と記者団に述べた。

 政府が基地負担の見返りに振興予算を手厚くする「リンク論」については、「具体的に基地問題と振興策は、直接関連させる考え方は取っていない」と語り、否定した。

 加藤氏は10日午後に玉城デニー知事と会談する。同飛行場の辺野古移設などをめぐり意見交換する見通しだ。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ