PR

ニュース 政治

IR提出期限延期 和歌山〝万博前〟の優位崩れ、練り直し

政府の発表を受け、報道陣の取材に応じる仁坂吉伸知事=和歌山県庁
政府の発表を受け、報道陣の取材に応じる仁坂吉伸知事=和歌山県庁

 カジノを含む統合型リゾート施設(IR)で、政府が9日、正式表明した誘致自治体による政府への整備計画の提出期限延期。和歌山県が当初目指してきた、2025年大阪・関西万博前の開業は事実上困難になった。新型コロナウイルスの影響で万博前開業を断念していた大阪府・市に対し、着々と準備を進めてきた県の優位性は崩れ、今後のスケジュールや戦略の練り直しを余儀なくされそうだ。(前川康二)

 「大変不満で遺憾。万博前(の開業)は現実的に難しいかもしれない」。政府の延期表明後、和歌山県の仁坂吉伸知事は悔しさをにじませた。

 IRは全国で最大3カ所選定される。政府の当初スケジュールでは、自治体側が整備計画を提出する期限を来年1月4日~7月30日と設定していたが、今回9カ月延期された。

 現時点で正式に誘致を表明しているのは、和歌山県のほか、大阪府・市と横浜市、長崎県。

 和歌山県では政府の当初スケジュールを踏まえ、着々と準備を進めてきた。

 今年5月には、県の事業者公募にカナダのクレアベストグループと香港のサンシティグループの2事業者が応募。県では今月19日までに事業者側から提案書類提出を受け、来年1月ごろに事業者を選定するスケジュールで進めてきた。それだけに担当者も「まさか先延ばしになるとは…」とショックを隠さない。

■   ■   ■

 近畿では、万博の開幕直前の令和7年春ごろ開業を目指す和歌山県のほか、万博開催地の大阪府・市もIR誘致レースに名乗りを上げている。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ