PR

ニュース 政治

自民改憲原案起草委のメンバー判明 委員長に衛藤氏で調整

自民党・憲法改正推進本部役員会で発言する衛藤征士郎本部長(中央)。右は二階俊博幹事長=8日午前、東京・永田町の自民党本部(春名中撮影)
自民党・憲法改正推進本部役員会で発言する衛藤征士郎本部長(中央)。右は二階俊博幹事長=8日午前、東京・永田町の自民党本部(春名中撮影)

 自民党憲法改正推進本部(衛藤征士郎本部長)が設置する「憲法改正原案起草委員会」の委員長に、衛藤氏が就任する方向で調整していることが9日、分かった。党関係者が明らかにした。13日に初会合を開く予定。

 起草委は衛藤氏のほか、憲法改正推進本部の森英介、中川雅治両本部長代理、中谷元(げん)副本部長、新藤義孝事務総長の計5人で構成する見通し。憲法に詳しいベテランを中心に、党が掲げる自衛隊の明記など4項目の改憲「イメージ案」を具体的な条文案にする作業を行い、年内の取りまとめを目指す。

 また、自民党が参院憲法審査会長の林芳正元文部科学相続投の方針を決めたことも分かった。参院憲法審では実質審議が約2年間行われていない。先の通常国会では、日本維新の会が憲法審の運営手法を問題視して林氏の不信任動議を提出したが、否決されている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ