PR

ニュース 政治

首相の英文投稿に自民から苦言

菅義偉首相
菅義偉首相

 菅義偉(すが・よしひで)首相がトランプ米大統領夫妻の新型コロナウイルス感染を受け、ツイッターに投稿したお見舞いメッセージに対し、7日の自民党外交部会で「英文のレベルが低すぎる」と苦言が相次いだ。外務省の担当者は「サポート態勢を組んで対応する」と低姿勢だった。

 問題になったのは、3日朝に首相の個人アカウントで発信された文章。夫妻の感染を知り「心配した」とする英文が「I was worried」と過去形になっており、出席議員は「今は心配していない、という意味に受け取られる」と指摘した。「日本語を自動翻訳したような文章だ」との酷評も上がった。

 議員の中には、米国の友人から「首相はきちんとした英語を使った方がいい」との助言もあったという。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ