PR

ニュース 政治

臨時国会、会期は12月初旬まで 自公幹部が確認

自民党・二階俊博幹事長
自民党・二階俊博幹事長

 自民党の二階俊博、公明党の石井啓一両幹事長は7日、東京都内で会談し、来年度の予算編成を踏まえ、26日に召集予定の臨時国会について、会期を12月初旬とする方針を確認した。

 同席した自民党の森山裕国対委員長は記者団に対し「新型コロナウイルスで経済が相当傷んでおり、来年度予算は非常に大事な予算となる。12月の早い時点で臨時国会を閉じ、予算編成がしっかりできる対応をすることは大事なことだ」と説明した。両幹事長は自公が引き続き連携し、菅義偉内閣を支えていくことも確認した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ