PR

ニュース 政治

自民行革本部が初回会合 12月初旬に中間報告

自民党役員会に臨む二階俊博幹事長(左)と菅義偉首相=6日午前、東京・永田町の自民党本部(春名中撮影)
自民党役員会に臨む二階俊博幹事長(左)と菅義偉首相=6日午前、東京・永田町の自民党本部(春名中撮影)

 自民党の行政改革推進本部(本部長・棚橋泰文元科学技術担当相)は6日、党本部で役員会を開き、12月初旬までに中間報告をまとめる方針を決めた。菅義偉(すが・よしひで)内閣の政策方針に沿い、縦割り行政の打破や行政のデジタル化、国民ニーズに合わせた規制改革をめぐり課題を洗い出す。

 会合後、棚橋氏は記者団に「スピーディーに結論を出したい。従来の予算や人員を削るという発想ではなく、国民目線での行政の在り方を考えていく」と語った。役員会は棚橋氏が本部長に就任して初めて。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ