PR

ニュース 政治

地下鉄・私鉄の定期券をiPhoneに パスモがアップルペイ対応

 首都圏の私鉄やバス事業者で構成するPASMO(パスモ)協議会は6日、小田急線新宿駅で記者会見を開き、交通系ICカード「PASMO」が同日から、米アップルの非接触決済サービス「アップルペイ」に対応したと発表した。同協議会のモバイルプロジェクトリーダーの中島浩貴氏は「(JR東日本の)モバイルSuica(スイカ)と同じように会員1千万人を早期に目指したい」と述べた。

 アップルペイに対応したことで、アップルのスマートフォンのiPhone(アイフォーン)やアップルウオッチのウォレットアプリ内でパスモを新規発行することが可能になった。カード式のパスモや定期券をアイフォーンで読み取ってウォレットアプリ内に移すこともできる。

 さらに新たにパスモアプリをインストールすれば、ウォレットアプリではできない定期券の新規購入なども可能になる。

 パスモはアンドロイド端末では、3月から利用可能になっていた。ただしパスモとスイカを同時にアプリ内で発行することや、一部のカード式の定期券のパスモを移行できないなどのデメリットがある。

 一方、パスモには従来型携帯電話やスマートフォンへの対応が、モバイルスイカに比べて大幅に遅れていたという経緯もある。モバイルスイカは平成18年から従来型携帯電話向けに提供を始め、今年9月で利用者1千万人を突破した。

 パスモ協議会の担当者は多数の私鉄やバス事業者の定期券購入システムへの対応が必要だったことを遅れの理由の一つと説明した。五十嵐秀会長は「新型コロナウイルスで生活様式が変わっており、どこでも定期券が買える」とメリットをアピールしており、モバイルスイカに追いつけるかに注目が集まる。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ