PR

ニュース 政治

「仙台牛、食べて盛り上げて」新型コロナで消費減の仙台牛、宮城県が消費促進キャンペーン開催

村井嘉浩知事の定例会見には、仙台牛のPRキャラクター「牛政宗」(中央)も登場した=5日、宮城県庁(塔野岡剛撮影)
村井嘉浩知事の定例会見には、仙台牛のPRキャラクター「牛政宗」(中央)も登場した=5日、宮城県庁(塔野岡剛撮影)

 新型コロナウイルスの感染拡大で県産牛「仙台牛」の消費量が落ち込む中、宮城県は5日、仙台牛の消費促進キャンペーン「“おうちで食べよう”仙台牛キャンペーン」を9日から開催すると発表した。期間は11月8日まで。県内の店舗などで仙台牛を購入すると、仙台牛1万円分などがもらえるキャンペーンに応募できる。

 キャンペーンには県内103店舗などが参加。店舗や県の特設ウェブサイトで仙台牛を購入し、応募シール2枚を集め、専用はがきで応募すると、仙台牛1万円分のほか、QUOカード2千円分、仙台牛2次加工品1千円分が抽選でもらえるという。

 村井嘉浩知事は5日の定例会見で「仙台牛は食卓を華やかにする。消費して盛り上げてほしい」と語った。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ