PR

ニュース 政治

山口公明代表、衆院の早期解散に反対 コロナと経済の両立優先

公明党・山口那津男代表(春名中撮影)
公明党・山口那津男代表(春名中撮影)

 公明党の山口那津男代表は4日、早期の衆院解散・総選挙に反対する意向を重ねて示した。解散権を持つのは菅義偉(すが・よしひで)首相だとした上で「今は新型コロナウイルスの感染拡大防止と社会経済活動の両立が優先課題だ」と盛岡市で記者団に語った。

 首相は2日に山口氏と会談した際、早期解散に慎重な考えを伝えている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ