PR

ニュース 政治

改憲論議、全条文が対象 国民・玉木代表

国民民主党・玉木雄一郎代表=9月25日午後、国会内(春名中撮影)
国民民主党・玉木雄一郎代表=9月25日午後、国会内(春名中撮影)

 国民民主党の玉木雄一郎代表は2日放送のBS11番組で、憲法改正に関し全ての条文が議論の対象になり得るとの認識を示した。検討項目を問われ「全てだ」と答えた。自民党が呼びかけている改憲論議に積極姿勢を示した形だ。

 「新型コロナウイルス禍後の社会をどうやってつくっていくのか。落ち着いた静かな環境の中で、与野党が胸襟を開き、議論していくことは必要だ」とも指摘した。

 玉木氏は、新たな国民民主党の9月15日の設立時に、年内にも党の改憲草案を取りまとめる意向を表明している。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ