PR

ニュース 政治

二階、石破両氏が会食 衆院選へ意思疎通の深化を確認

9月17日、石破派「水月会」のセミナーで講演する、自民党の二階俊博幹事長=東京都千代田区(寺河内美奈撮影)
9月17日、石破派「水月会」のセミナーで講演する、自民党の二階俊博幹事長=東京都千代田区(寺河内美奈撮影)

 自民党の二階俊博幹事長と石破茂元幹事長が2日夜、都内の日本料理店で会食し、次期衆院選に向けて党本部と所属議員の意思疎通を深めていくことを確認した。

 会食には石破氏が率いる石破派(水月会)の山本有二元農林水産相(衆院比例四国)も同席した。山本氏が地盤とする衆院高知2区では、二階氏に近い尾崎正直・前高知県知事が次期衆院選で出馬する意向を示している。徳島1区では石破派の所属議員同士が争う構図となっており、候補者調整も話し合ったとみられる。

 石破氏は会食後、記者団に「1人でも議席を維持していくことに、いろいろなお願いごとはある。議席を減らさない工夫はみんなが飲み込んでやっていかないといけない」と述べるにとどめた。

 石破氏は、石破派が9月17日に開いたパーティーで講師を務めた二階氏に謝意も伝えた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ