PR

ニュース 政治

自民、次期衆院選にらみ各都道府県連とオンライン会議

オンライン会議に臨む自民党の小野寺五典組織運動本部長(手前)ら=30日午後、東京・永田町(永原慎吾撮影)
オンライン会議に臨む自民党の小野寺五典組織運動本部長(手前)ら=30日午後、東京・永田町(永原慎吾撮影)

 自民党組織運動本部(小野寺五典本部長)は30日、新型コロナウイルスの感染拡大を踏まえた各都道府県連とのインターネットを使ったオンライン会議を開催した。1年以内に実施される次期衆院選に向け、足腰となる地域組織との意思疎通を強化するのが狙いで、今後も定期的に行うという。

 小野寺氏は会議の冒頭、「ウェブを使い、各都道府県連の皆さんとしっかりとしたコミュニケーションをとっていきたい」と語った。

 会議では、全国有数のはんこの産地である山梨県の県連代表者から菅義偉(すが・よしひで)政権がデジタル化による「脱・はんこ」を掲げていることを踏まえ、「県内にははんこが地場産業の地域がある。こうした実態を理解してほしい」との意見が上がり、小野寺氏が「仕事が成り立つように検討していきたい」と応じる場面もあった。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ