PR

ニュース 政治

全世界から入国許可 来月1日から条件付き 「Go To」4事業出そろう

新型コロナウイルス感染症対策本部で発言する菅義偉首相(手前から2人目)=25日午後、首相官邸(春名中撮影)
新型コロナウイルス感染症対策本部で発言する菅義偉首相(手前から2人目)=25日午後、首相官邸(春名中撮影)

 政府は25日、新型コロナウイルス感染症対策本部の会合を開き、10月1日から順次、全世界からの入国を条件付きで再開することを決めた。来夏の東京五輪・パラリンピック開催に向けた環境を整える。各種業界を支援する「Go To キャンペーン」のうち、遅れていた「イベント」と「商店街」を支援する事業の10月中旬以降の開始も決定。既に実施している外食の「イート」、旅行の「トラベル」を含めキャンペーンの4事業が出そろった。

 菅義偉(すが・よしひで)首相は会合で「経済再生のためには国際的な人の往来の再開が不可欠。来月以降、観光客以外については、日本人、外国人を問わず検査をしっかり行った上で、できる限り往来を再開する」と述べた。

 現在、感染状況の落ち着いている国などからの新規入国者はビジネスに限定しているが、3カ月以内の短期も含め、留学や家族滞在なども対象にする。それ以外の全ての入国拒否対象国からの新規入国者は長期滞在を優先し、PCR検査証明書の提出や受け入れ側の企業や団体の誓約書提出などを条件に原則許可する。

 いずれも観光客は対象に含まず、1日当たりの入国枠は最大でも1000人程度に抑える方向だ。

 実施が決まった「Go To イベント」と「Go To 商店街」は、イベントの入場料や商店街の催しを補助する事業。対策本部に先立ち開かれたコロナ対策分科会で事業の実施を了承した。「Go To トラベル」への東京都発着の旅行の追加を、10月1日から行うことも確認した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ