PR

ニュース 政治

早期解散「説明できるか」 仕事が第一義と自民・野田氏

 自民党の野田聖子幹事長代行は24日、TBSのCS番組収録で、早期の衆院解散・総選挙を疑問視した。東京五輪・パラリンピック開催可否の検討や米大統領選を挙げ「大変忙しくなる中で解散を強行して、国民に説明責任を果たせるか」と述べた。党総裁の現任期が1年余りの菅義偉首相にとっては、デジタル庁創設や規制改革が「第一義だ」とも強調した。

 下村博文政調会長の「私が選対委員長ならば、自民党国会議員のほぼ総意で即解散」とした発言については、収録後、東京都内で記者団に「下村氏はざっくばらんな方だ。ただ総合判断するのは首相一人だ」と語った。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ