PR

ニュース 政治

野党、対決姿勢強める 桜問題、河井前法相事件など追及

 国民民主や共産などの野党は新型コロナの感染拡大に対応する経済対策として消費税減税を主張してきた。早期の衆院解散・総選挙があった場合、野党の苦戦が指摘されるだけに、「減税を野党共闘の旗印」(志位氏)にして風向きを変えたいという思惑もにじむ。

 一方、菅氏と親交がある日本維新の会の松井一郎代表(大阪市長)は14日に発表した談話で「(首相が)誰になろうと、野党である限り政権には是々非々の態度で臨んでいく」としつつ、「私たちと喜怒哀楽を共有できる新総裁の誕生を心からお祝い申し上げたい」と“近さ”をアピールした。

 公明党の山口那津男代表は14日、菅氏と会談し、両党が協力し政権運営に当たる方針を確認した。山口氏は記者団に「最大限の力が発揮できるよう協力関係を進めていきたい」と語った。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ