PR

ニュース 政治

「派閥の力学、評価でない」敗れた岸田氏に広島県連が拍手

リモートで地元関係者に感謝の意を伝える岸田文雄氏=14日、広島市中区
リモートで地元関係者に感謝の意を伝える岸田文雄氏=14日、広島市中区

 14日の自民党総裁選で菅義偉官房長官が当選したことを受け、岸田文雄政調会長の地元・広島市では報告会が行われた。自民県連関係者や自治体関係者、財界関係者ら約100人が出席し、岸田氏の健闘に温かい拍手を送った。

 報告会では、岸田氏自らがリモートで参加者らに報告。「2位に終わったのは私の実力不足だが、人間・岸田文雄をアピールする貴重な機会になった。全国を相手にするのは初めての挑戦だったが、地元の声援がありがたかった」と語った。

 中本隆志・県議会議長は「今回の得票結果は政局、派閥の力学で決まったもので、本人の評価ではない」と指摘。「悔しい思いはあるが、堂々とりりしく戦った」と評した。また、広島県の湯崎英彦知事も駆けつけ、「政治は結果なので、結果を出せなかったことは大変残念で悔しい。しかし、3人の候補者の中で岸田先生が次の時代を担うビジョンを見せてくれた」と話し、今後の活動に期待を寄せていた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ