PR

ニュース 政治

【総裁選ドキュメント】菅氏、地方で石破氏の2倍得票

その他の写真を見る(1/2枚)

 自民党総裁選で各都道府県連に3票ずつ割り当てられた地方票(141票)は、菅義偉(すが・よしひで)官房長官が6割超の89票、石破茂元幹事長が3割弱の42票を獲得し、岸田文雄政調会長は10票にとどまった。菅氏陣営は、地方で人気があるとされた石破氏の2倍以上を獲得したことで自信を深めている。

 「想像以上に理解をしていただいている」

 菅氏は14日の投開票前、地方票で優勢となった状況について感慨深げにこう語った。菅氏は、最多得票者による「総取り方式」を採用した地元の神奈川をはじめ、北海道、秋田、東京、新潟、千葉、埼玉、山口、和歌山、沖縄10都道県で3票すべてを確保。他府県でも菅氏を支持する国会議員が精力的に動き、24府県で2票を得た。閣僚経験者は「これだけ人気があれば衆院解散はフリーハンドだ」と語る。

 石破氏は、地元の鳥取で3票、三重、島根などで2票を確保したが、前回平成30年の総裁選で獲得した党員票の「45%」には及ばなかった。石破氏は14日、記者団に「困難な条件だった」と述べ、全国一斉の党員投票を省略した今回の総裁選のルールに恨み節を漏らした。

 国会議員票で善戦だった岸田氏は、地方票では改めて知名度不足を露呈した。地元の広島で3票、山梨で2票を確保したが、岸田派(宏池会)名誉会長の古賀誠元幹事長の影響力があるはずの福岡など40都道府県でゼロだった。党幹部は「次を目指すなら、地方を回り、閥務を徹底した方がよい」と述べた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ