PR

ニュース 政治

菅新総裁誕生 厳しい雪国の環境が育んだ「不屈の人」 同級生ら語る

高校2年の修学旅行での菅義偉氏(中央)=(伊藤陽悦さん提供)
高校2年の修学旅行での菅義偉氏(中央)=(伊藤陽悦さん提供)
その他の写真を見る(1/4枚)

 非世襲の「たたき上げ」として群雄割拠の政界をのし上がり、自民党総裁の座を射止めた菅義偉(すが・よしひで)氏(71)。その原点は、雪深い地方の農村という厳しい環境で培われた。「不屈の人」「忍耐の人」とも評される菅氏の人間性を形作ってきたものは何なのか。(王美慧、外崎晃彦)

農家の跡継ぎ拒み

 菅氏は昭和23年、秋田県秋ノ宮村(現・湯沢市)で農家の長男として生まれた。道は舗装されていない砂利道ばかり。冬は軒下近くまで雪が積もる、山間部の小さな村だった。

 「負けず嫌いで、闘争心がものすごく強い。頑固で自分が決めたことは頑として譲らない性格だった」と語るのは、小・中・高と同じ学校に通った幼なじみで、現在も地元後援会の幹事長を務める由利昌司さん(71)。

 思い出すのは、中学時代にともに所属していた野球部での姿。1番バッターで、ポジションは三塁手。パンチ力のある好打者で、巧みな守備が印象に残っているという。一心不乱に練習を重ねていたといい、「役割を全うするために突き詰め、最善を尽くす姿が今につながっている」と振り返る。

中学3年のクラス写真での菅義偉氏(上段中央)=(由利昌司さん提供)
中学3年のクラス写真での菅義偉氏(上段中央)=(由利昌司さん提供)
その他の写真を見る(2/4枚)

 戦後の混乱から立ち直り、高度成長に向かおうとしている当時の日本では、地方から都市部へ若者の集団就職が行われていた。

 小・中学校の同級生、菊地洋一さん(71)は「同級生120人のうち、半分は集団就職で上京した。残った友人はほとんどが実家の農家を継ぎ、高校に進学できたのはごく一部だった」と話す。

 菅氏は高校に進学した数少ない一人だったが、卒業が近づくにつれ、地元に残るか都会に出るかの岐路に立たされる。4人姉弟の長男で、家業の農家を継ぐことを期待されていたというが「(集団就職で)友人らが先に旅立った東京に強く憧れ、彼は農家を継ぐのを嫌がっていたようにみえた」(由利さん)。

 「東京に行けば何かやりたいことが見つかるかもしれない」との思いを胸に、菅氏は故郷を離れた。由利さんは「父親の反対を押し切り、半ば家出のような形だったようだ」と話す。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ