PR

ニュース 政治

【総裁選ドキュメント】菅氏、3213回の官房長官記者会見 「丁寧に誠実に臨んできた」

官邸を出る菅義偉官房長官=14日午前、首相官邸(松本健吾撮影)
官邸を出る菅義偉官房長官=14日午前、首相官邸(松本健吾撮影)

 菅義偉(すが・よしひで)官房長官が首相官邸で実施した官房長官記者会見が、14日午前の会見で3213回に達した。菅氏は同日午後に自民党総裁選で新総裁に選出される見通しで、新総裁に就任すれば、菅氏の官房長官としての記者会見はこの回で最後となる。

 菅氏は「政府の立場や見解を正確に発信する貴重な機会なので、しっかり準備し、丁寧に誠実に臨んできた。すべてが印象に残る会見だ」と振り返った。

 7年8カ月の間に官房長官を辞めたいと思ったことは「何度もある」と明かした上で、「国会運営がうまくいかないときだ。安全保障関連法など、いろいろ眠れないことが度々あった」と説明。「しかし、1日あけると雰囲気が変わってくる。それが国会なのかなと思った」とも語った。

 菅氏は平成24年12月に第2次安倍晋三政権の官房長官に就任以降、政府のスポークスマンとして平日は原則1日2回記者会見を実施。北朝鮮によるミサイル発射や災害発生時などには臨時記者会見を開いて政府の方針や対応を説明してきた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ