PR

ニュース 政治

立民・枝野氏、消費税増税「論外」 衆院選の争点化には消極姿勢

合流新党の立憲民主党代表に選出され、あいさつする枝野幸男氏=10日午後、東京都千代田区(飯田英男撮影)
合流新党の立憲民主党代表に選出され、あいさつする枝野幸男氏=10日午後、東京都千代田区(飯田英男撮影)

 立憲民主党の枝野幸男代表は12日の読売テレビ番組で、安倍晋三首相の後継を決める自民党総裁選に出馬した菅義偉(すが・よしひで)官房長官が将来的な消費税率引き上げに言及したことに関し、「消費税を下げていくことができるかどうかについて議論すべきで、上げていくなんて論外だ」と批判した。

 同時に「消費税を選挙の道具に使ってはいけない」とも発言。消費税を次期衆院選の争点にして野党が減税で連携して戦うより、国会論戦や与野党協議などを通じて減税を実現する方が望ましいとの考えを示した。

 また、枝野氏は「使い切れないお金をため込んできた企業に対する課税であったり、金融所得に対する課税、富裕層に対する課税がやるべきことだ」とも述べた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ