PR

ニュース 政治

安保談話 佐藤正久元外務副大臣「首相からの最後の宿題」

安全保障に関する談話発表を受け記者団の質問に答える安倍晋三首相=11日午後、首相官邸(春名中撮影)
安全保障に関する談話発表を受け記者団の質問に答える安倍晋三首相=11日午後、首相官邸(春名中撮影)

 安倍晋三首相の思いが詰まった異例の談話だ。自らの政権では結実できなかったミサイル防衛や新たな抑止力に関する検討を、なんとしても次期政権に引き継ぎたいという執念を感じる。画期的であり、心から敬意を表したい。

 談話の発表は、日本を取り巻く安全保障環境への強い危機感の裏返しでもある。実際、談話には北朝鮮の脅威の実態が詳細に書き込まれている。一方、中国への言及はない。次期政権の負担となることに配慮したのだろうが、中国こそ最大の脅威であることは言をまたない。そこから目を背けては、現実的な防衛政策を論じることはできない。

 談話では地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」の代替策やミサイル阻止について具体的な装備や技術の記述は見送った。それでも、年末までと期限を区切って検討する姿勢を鮮明にした意義は大きい。

 とりわけミサイル阻止は打撃力にも通じる新たな概念だ。従来のような法理論上の議論だけでなく、目標をどう捉え、どうたたくかという冷徹な議論が避けられない。次期政権は精力的に検討し、安倍首相からの最後の宿題に応えてほしい。私も与党議員の一人として汗をかきたい。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ