PR

ニュース 政治

自民党総裁選 菅氏が地方議員とオンライン対話集会

菅義偉官房長官と画面越しに対話する斉藤邦明埼玉県議(右から2人目)ら=11日午後、埼玉県議会(中村智隆撮影)
菅義偉官房長官と画面越しに対話する斉藤邦明埼玉県議(右から2人目)ら=11日午後、埼玉県議会(中村智隆撮影)

 自民党総裁選(14日投開票)に立候補している菅義偉官房長官は11日、埼玉など9県の県連に所属する県議らと、オンライン会議システムを活用した対話集会に臨んだ。

 新型コロナウイルス感染拡大への対応などが話題となり、菅氏は「爆発的な感染拡大を防ぎ、国民の命と健康を守る。その上で社会経済活動を両立させる」と強調した。消費税をめぐっては「安倍晋三首相はあと10年は税率を引き上げないと明言しており、私も一緒だ」と重ねて述べた。

 斉藤邦明埼玉県議は、感染拡大によって「国も地方も家庭も、未来へのかじ取りが難しくなった」と訴え「国民の生活を守るため、暫定的に消費税を0%にするなど思い切った政策展開をお願いする」と求めた。

 菅氏は国会議員票の7割超を既に固めており、党員・党友を対象とする予備選でも票を上積みするため、地域の自民党支持層に影響力を持つ地方議員に支持を訴えた形だ。(中村智隆)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ