PR

ニュース 政治

経済同友会 若者、研究者参加で中長期課題の会議新設

経済同友会が開催した「未来選択会議」の初回会合=11日、東京都港区(平尾孝撮影)
経済同友会が開催した「未来選択会議」の初回会合=11日、東京都港区(平尾孝撮影)

 経済同友会は11日、会員である企業経営者だけでなく、若者、学生、研究者、行政の担当者らも巻き込んで日本のさまざまな課題を議論する新組織「未来選択会議」を発足した。新型コロナウイルス感染拡大によって、社会、経済環境が大きく変化する中で、財政健全化、米中対立問題や安全保障のあり方といった問題を中長期で議論する。

 桜田謙悟代表幹事は、「経営者だけでなく、多くのステークホルダーが議論に参加することで、さまざまな課題に対する論点や選択肢を、予定調和でなく示すことができる。同友会の行動の方向性をつくり、政策決定プロセスにインパクトを与えていきたい」と発足の趣旨を説明した。

 東京都内で開催した同友会の夏季セミナーの中で、初回の会合を開催。「若者の政治参画と政治のデジタル化」と「コロナ危機の中で進む地方分散のあり方」をテーマに議論した。

 同友会では拡大する政府の財政赤字を問題視している。現状では将来世代への負担を増やし、問題を先送りしていると指摘している。そのため、若者の意見も取り込む未来選択会議を活用して、財政問題などでも未来志向を重視した政策提言も強化する考えだ。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ