PR

ニュース 政治

シンガポールとのビジネス往来、18日再開 待機期間も活動可能

茂木敏充外相(代表撮影)
茂木敏充外相(代表撮影)

 茂木敏充外相は11日の記者会見で、新型コロナウイルスの出入国制限をめぐり、シンガポールとの間でビジネス目的に限定した往来を18日から再開すると発表した。入国後14日間の待機期間中も、行動計画の提出などを条件にビジネス活動を可能とする。新型コロナの感染拡大後にこうした往来が実現するのは初めて。

 茂木氏は会見で「国際的な人の往来を部分的、段階的に再開していくうえで重要な一歩になる。他の国にも広げていける良いモデルにしたい」と述べた。

 日本は台湾やタイ、ベトナムなど7カ国・地域との間で、入国後14日間の待機を条件とする人の往来を再開している。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ