PR

ニュース 政治

政府、5000人の一律制限を撤廃 イベント緩和案判明

ファンやマスコットの写真が飾られている観客席=札幌ドーム(荒木孝雄撮影)
ファンやマスコットの写真が飾られている観客席=札幌ドーム(荒木孝雄撮影)

 政府が検討するイベント開催の緩和案の全容が11日、関係者への取材で分かった。プロ野球やサッカーのJリーグといった大規模イベントは会場定員の「50%以内」を維持する一方、「5千人」とした一律の人数制限を撤廃する。歌舞伎など静かに鑑賞する催し物は満員の入場も認める方針。

 新型コロナウイルスの感染が減少傾向に転じたことを踏まえ、同日午後に開く新型コロナ感染症対策分科会に案を提示。専門家らによる了承を経て、4連休の初日の19日から制限を緩和する。

 政府は7月10日以降、定員の「50%以内」か「5千人」のどちらか少ない方を上限としてイベント開催を認めてきた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ