PR

ニュース 政治

「菅氏は山梨に親身」 知事が支持の理由説明

武田神社を参拝し、自民党総裁選での菅義偉官房長官の必勝祈願のお札を見せる山梨県の長崎幸太郎知事。近く本人に届けるという=2日、甲府市古府中町(渡辺浩撮影)
武田神社を参拝し、自民党総裁選での菅義偉官房長官の必勝祈願のお札を見せる山梨県の長崎幸太郎知事。近く本人に届けるという=2日、甲府市古府中町(渡辺浩撮影)

 安倍晋三首相の後継を選ぶ自民党総裁選で菅義偉官房長官支持を表明している山梨県の長崎幸太郎知事は、10日の記者会見で「これまで山梨県が大変お世話になっている。最も山梨に親身に向き合って行動してきた」と支持の理由を説明した。

 知事は、平成19年に中部横断自動車道の県負担の大幅削減が行われたときに菅氏が総務相だったことや、26年の県内の大雪災害の際に官房長官として看護師国家試験の追加試験を決めたことを挙げた。

 知事は自民党二階派の元衆院議員で県連常任顧問。2日に武田神社(甲府市)で菅氏の必勝祈願を行い、産経新聞などの取材に菅氏支持を明らかにしていた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ