PR

ニュース 政治

自民県連、白須賀氏問題で党本部に上申へ 

 衆院千葉13区(鎌ケ谷、印西、富里市など)を地盤とする自民党県議9人が、秘書の不祥事などを理由に現職の白須賀貴樹衆院議員(45)の辞職などを求める嘆願書を提出した問題で、県連は10日、総務会を開き、県議側と白須賀氏を支持する地域支部から意見を聞いた。総務会では結論が出ず、近く、河上茂県連幹事長が双方の意見を党本部に報告し、判断を仰ぐことになった。

 鈴木昌俊県連総務会長によると、13区内の8つの地域支部のうち、富里市、酒々井町、栄町の3支部は引き続き、白須賀氏を支援することを表明。柏市と鎌ケ谷市の支部は県議側を支持する意向を示した。

 県議9人は白須賀氏に代わり、鎌ケ谷市の清水聖士市長(59)を公認候補とすることも求めている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ