PR

ニュース 政治

合流新党人事 枝野代表「全くの白紙」も奇をてらわず

新党代表選で選出された枝野幸男氏(左)と壇上で手をあげる泉健太氏=10日午後、東京都千代田区(飯田英男撮影)
新党代表選で選出された枝野幸男氏(左)と壇上で手をあげる泉健太氏=10日午後、東京都千代田区(飯田英男撮影)

 立憲民主、国民民主両党などで結成する合流新党の代表選で初代代表に選出された立民の枝野幸男代表は10日、選出後の記者会見で、新党の人事について「全くの白紙だ。15日の結党大会までに決められることは決めたい」と述べた。

 枝野氏は「具体的に構想があるわけではない」としつつ、「奇をてらうことはしない」とも語った。

 人事では、福山哲郎幹事長ら現在の立民執行部や、代表選で自身を支持した国民の小沢一郎衆院議員らの処遇が焦点になる。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ