PR

ニュース 政治

カジノ反対で港湾団体と連携 立民・枝野代表が山下ふ頭視察

IR誘致候補地の山下ふ頭を視察する立民の枝野幸男代表(中央)=9日、横浜港(外崎晃彦撮影)
IR誘致候補地の山下ふ頭を視察する立民の枝野幸男代表(中央)=9日、横浜港(外崎晃彦撮影)

 立憲民主党の枝野幸男代表は9日、横浜港を訪れ、カジノを含む統合型リゾート施設(IR)の誘致を目指す横浜市が設置候補地としている山下ふ頭を視察。地元の港湾事業者らで組織する「横浜港ハーバーリゾート協会」の藤木幸夫会長らと会談し、誘致反対の立場での連携を確認した。

 枝野代表は記者団に「自然環境や近隣施設との距離などを実際に確認した。魅力的な景観を崩してまで、カジノを持ってくる理由はない」と述べ、誘致反対の立場を強調した。

 非公開で行われた藤木会長との会談については「歓迎していただき、経緯や当事者としての思いを聞かせていただいた。ゆっくり話を聞いてほしいと言われたので、ぜひやらせていただきたいと申し上げた」と説明した。同協会によると、両氏が直接、顔を合わせたのは今回が初めてだったという。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ