PR

ニュース 政治

合流新党・泉氏「信頼される野党」 枝野氏「野党合流は時代の要請」 記者クラブ討論会

合流新党代表選の公開討論会で撮影に応じる(左から)国民民主党の泉健太政調会長と立憲民主党の枝野幸男代表=9日午後、東京都千代田区の日本記者クラブ(萩原悠久人撮影)
合流新党代表選の公開討論会で撮影に応じる(左から)国民民主党の泉健太政調会長と立憲民主党の枝野幸男代表=9日午後、東京都千代田区の日本記者クラブ(萩原悠久人撮影)

 立憲民主、国民民主両党などが結成する合流新党の代表選に立候補した国民の泉健太政調会長と立民の枝野幸男代表は9日、日本記者クラブ主催の討論会に臨んだ。

 泉氏は「信頼される野党第一党、国民に愛される新党を作りたい」と主張。新型コロナウイルス対策に関し、PCR検査の拡充やワクチンの無償化などを訴えた。

 消費税については「日本経済はカンフル剤が必要だ」として、新型コロナ収束まで税率を0%にすることなどを掲げた。

 一方、枝野氏は「政権の選択肢となり、政治に緊張感を取り戻す。長期政権が終わるタイミングに野党勢力の結集が実現したことは時代の要請だ」と強調した。

 政府のPCR検査体制について「省庁横断的な指揮系統ができなかった」と批判したうえで、各省庁を指導する司令塔を作る必要性を訴えた。

 また、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古移設に関し、「新基地を作らず、普天間の危険除去は可能だ」と述べ、米国と協議する考えを示した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ