PR

ニュース 政治

【総裁選ドキュメント】石破、菅、岸田3氏が届け出

東京・永田町の自民党本部
東京・永田町の自民党本部

 安倍晋三首相(自民党総裁)の後継を決める総裁選が8日午前告示され、石破茂元幹事長(63)、菅義偉(すが・よしひで)官房長官(71)、岸田文雄政調会長(63)の3人が立候補を届け出た。党内5派閥の支持を受ける菅氏が優位に選挙戦を進める展開となる見通し。国会議員票394票と47の都道府県連に3票ずつ配分された141票の計535票が14日に開票され、新総裁が選出される。

 石破氏は午前中、自身の事務所で出陣式前の最終準備を行った。安倍首相が提起した憲法9条2項への「自衛隊」明記に疑念を呈すなど、「安倍路線」とは一線を画し、東京一極集中の是正や内需主導型経済への転換による「納得と共感の政治」を主張する。

 菅氏は午前の出陣式を前に、官邸で普段通り公務をこなした。安倍政権の基本路線を継承し、規制改革や地域活性化などで独自色を打ち出す方針だ。最大派閥の細田派(清和政策研究会、98人)など5派閥のほか、無派閥議員約30人の後押しを受ける。

 岸田氏は朝から選挙対策本部の幹部らとの打ち合わせに臨み、「(これまで経験した)外相や政調会長と総裁候補は違う。違わないといけない」と力を込めた。「分断から協調へ」をキャッチフレーズに、経済格差の是正や感染症対策の充実などを訴える。

 安倍首相の突然の辞任表明に伴う総裁選のため、全国一斉の党員・党友投票は見送った。新総裁は安倍首相が残した来年9月までの任期を務めることになる。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ