PR

ニュース 政治

【総裁選ドキュメント】石破元幹事長、菅氏との違い「先送りしないこと」

グループインタビューに応じる石破茂元幹事長=7日午後、東京都千代田区(鴨川一也撮影)
グループインタビューに応じる石破茂元幹事長=7日午後、東京都千代田区(鴨川一也撮影)

 自民党総裁選に出馬する石破茂元幹事長は7日夜のBS-TBS番組で、ライバルの菅義偉(すが・よしひで)官房長官との違いを問われ「先送りしないこと。改めるべき点は断固改める」と述べた。その理由に新型コロナウイルスに対応する改正新型インフルエンザ等対策特別措置法への考え方の違いを挙げ「(菅氏は)感染が収束してから法改正を考える、それは違う。収束させるために法改正ではないか」と語った。

 菅氏が掲げる「自助・共助・公助」のフレーズについて自民党綱領の文言だと理解を示した上で、「自分でできる環境を整えるのが政府の仕事だ。その上で理解しないと新自由主義と捉えられる可能性がある」と指摘した。

 出馬表明をめぐり周囲から党員投票が見送られる公算が大きいことを理由に見送りを進言されたとも明かし「迷いがなかったら嘘になる。でもここで出なかったら逃げたといわれる。私は私でなくなる」と振り返った。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ