PR

ニュース 政治

菅・岸田・石破氏、台風10号襲来で予定大幅変更…告示目前の日曜日

自民党総裁選への出馬を表明した(左から)石破茂元幹事長、岸田文雄政調会長、菅義偉官房長官
自民党総裁選への出馬を表明した(左から)石破茂元幹事長、岸田文雄政調会長、菅義偉官房長官

 安倍晋三首相(自民党総裁)の後継を決める総裁選が8日、告示される。14日に投開票が行われ新総裁を選出する。出馬を表明している菅義偉(すが・よしひで)官房長官、岸田文雄政調会長、石破茂元幹事長の陣営は6日も支持拡大に向けて活動したが、台風10号への備えを優先して予定を大幅に変更した。

 菅氏は6日午前に岸田、石破両氏とNHK番組への出演を予定していたが、台風対応のため取りやめた。午後は安倍首相らとともに台風に関する関係閣僚会議に出席した。

 岸田氏は台風の接近を受け、NHK番組に出演する前に党本部で情報収集。地元・広島の党県連大会に出席する予定だったが、危機管理を優先して党本部からのリモート出席に切り替えた。広島から過去に池田勇人、宮沢喜一両元首相を出していることを踏まえ「3人目、27年ぶりの総裁を目指す」と支持を訴えた。

 NHK番組では、新型コロナウイルス対応について「大事なことは感染症対策と経済対策だ。車の両輪としてしっかり進めていかなければならない」と強調。経済政策に関しては「需要の回復はしばらく厳しい。当面は財政金融政策を動員することが大事だ」と述べた。

 石破氏は台風10号の接近を踏まえ「防災省が必要だ」と重ねて強調。記者団には「地域によってばらつきがない体制を整え、装備の充実や情報の一元化、経験の蓄積のためにも必須だ」と語った。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ