PR

ニュース 政治

【総裁選ドキュメント】石破氏「あつ森」活用へ バーチャル空間で交流

「あつまれ どうぶつの森」に登場する自民党の石破茂元幹事長を模したキャラクター(石破茂総裁選特別サイトから)
「あつまれ どうぶつの森」に登場する自民党の石破茂元幹事長を模したキャラクター(石破茂総裁選特別サイトから)

 自民党総裁選に出馬する石破茂元幹事長の陣営は6日、国内外で人気を博している任天堂の家庭用ゲーム機「ニンテンドースイッチ」のソフト「あつまれ どうぶつの森」(あつ森)を選挙運動に活用すると発表した。街頭演説の実施が見送られる中、ゲーム空間を利用して党員らと交流を図る。

 あつ森はプレーヤーが無人島で釣りや園芸、他のプレーヤーとの交流を楽しむゲーム。8日以降、石破氏をモチーフにしたキャラクター「いしばちゃん」が登場し、プレーヤー同士が共有できる「マイデザイン」という機能を使い、石破氏の「ポスター」をゲーム内に広めてもらう。

 広報戦略を担当する平将明衆院議員は「政治に接したことのない人も総裁候補と直接話をできる。政治に興味を持っていない人に興味を持ってもらえれば」と語った。あつ森は海外でもヒットし、米大統領選の民主党候補、バイデン前副大統領陣営も選挙運動に使っている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ