PR

ニュース 政治

ANA、ハワイの音楽イベント中止へ 「JALホノルルマラソン」と対応分かれる

全日空は米ハワイで昨年初開催された音楽イベントを今年は中止する=羽田空港(萩原悠久人撮影)
全日空は米ハワイで昨年初開催された音楽イベントを今年は中止する=羽田空港(萩原悠久人撮影)

 全日本空輸が、米ハワイで昨年初めて開催された音楽イベントを今年は中止することが3日、分かった。新型コロナウイルス感染拡大の影響で、日本からハワイへは定期便が運航されておらず集客も望めないため、安全を優先して中止を決めた。一方、日本航空が冠スポンサーを務めるホノルルマラソンは開催に向けてエントリーを受け付けており、対応が分かれる格好となった。

 昨年11月に初開催された全日空の音楽イベント「ANAホノルルミュージックウイーク」では、クラシックやハワイアンなどさまざまなジャンルの音楽のコンサートが開かれ、約1万人を集めた。今年のイベントは規模を拡大した本開催の位置付けで、約3万人の観賞者を目標に著名ピアニストら出演者の調整を進めていた。

 一方、「JALホノルルマラソン」は、スタート地点でマスクの着用を義務付けるなど感染防止対策を徹底した上で、例年通り12月の開催に向けて10月まで日本人向けにエントリーを受け付けている。中止になった場合もエントリー料は返金されないが、次回大会に振り替えることができるという。

 ただ、感染拡大防止のため、ホテルなどでの自己隔離がハワイ入り後と日本帰国後にそれぞれ14日間必要となるなど、スケジュール確保のハードルも高い。エントリーがどこまで集まるかは不透明だ。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ