PR

ニュース 政治

【総裁選ドキュメント】岸田氏の政策パンフレットの全容判明 新型コロナ対策、憲法改正も明記

参院議員会館の自民党所属議員をあいさつ回りする岸田文雄政調会長(右)=2日午前、東京・永田町(永原慎吾撮影)
参院議員会館の自民党所属議員をあいさつ回りする岸田文雄政調会長(右)=2日午前、東京・永田町(永原慎吾撮影)

 安倍晋三首相(党総裁)の後継を決める自民党総裁選に出馬する岸田文雄政調会長の政策パンフレットの全容が2日、判明した。新型コロナウイルス対策に万全を期すほか、中間層への分配や憲法改正などを「10の約束」として柱に据えた。岸田氏は3日に東京都内で記者会見し、パンフレットを発表する。

 パンフレットでは、新型コロナの感染拡大を踏まえ、「命を守り抜くとともに、新型コロナとの戦いに勝ち抜く」と明記。具体的には、PCR検査体制の拡充や秋冬には季節性インフルエンザとの同時流行が懸念されることからワクチンの確保などを徹底する。

 「10の約束」には、中間層への適切な分配▽経済インテリジェンスの強化による経済安全保障態勢の構築▽最先端技術を活用し、都市部と地方の共存を目指す「デジタル田園都市構想」の推進▽文化芸術などの対外発信による「ソフトパワー外交」▽憲法改正-などが盛り込まれた。

 このうち、憲法改正の項目では「時代に変化した憲法改正を国民の理解を深めつつ、国民とともに目指し、新たな時代の国づくりを進める」と明記した。 

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ