PR

ニュース 政治

【野党合流】立民・須藤氏も新党に参加せず、無所属で活動

須藤元気・参院議員
須藤元気・参院議員

 立憲民主党の須藤元気参院議員(比例代表)は31日、国民民主党との合流新党に参加せず、無所属で活動する意向を表明した。「合流新党に参加せずに無所属として活動していく」と同日付の自身のツイッターに投稿した。

 立民と国民は両党をいったん解党した上で新党を結成することで合意しており、9月3日までに合流新党への参加の可否を表明するよう求めている。

 このタイミングでの離党表明について、須藤氏は「合流協議の結果として党自体が解党となりましたので自動的に私も無所属ということにあいなりました」と説明した。

 同時に「自分の生き方として新党には合流せず、無所属のまま日本の現在と未来のために働く事を決めました。まだまだ若輩者ですが全力で頑張ります」とも書き込み、国会議員としての活動継続に意欲を示した。

 須藤氏は7月の東京都知事選で党方針に反して消費税減税を掲げるれいわ新選組の山本太郎代表を支援するとして立民に離党届を複数回提出した。だが、離党届は受理されず、棚ざらしとなっていた。須藤氏は昨夏の参院選で比例代表から出馬し、初当選した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ