PR

ニュース 政治

【総裁選ドキュメント】自民・二階幹事長、新首相選出へ野党に協力要請

会談に臨む与野党各党の幹事長・書記局長ら。中央は自民党・二階俊博幹事長=31日午前、国会内(春名中撮影)
会談に臨む与野党各党の幹事長・書記局長ら。中央は自民党・二階俊博幹事長=31日午前、国会内(春名中撮影)

 安倍晋三首相(自民党総裁)の辞意表明を受け、与野党は31日、幹事長・書記局長会談を国会内で行った。自民党の二階俊博幹事長は、首相退陣について各党に説明するとともに、後継首相の速やかな選出に向けて野党側に協力を呼び掛けた。

 臨時国会の召集と首相指名選挙の実施に向けた日程調整は、与野党の国対委員長に委ねる考えも伝えた。二階氏は「政治空白を片時もつくってはならない。一日も早く後継首相を選ばねばならない」と強調した。自民は総裁選を9月14日に実施し、その後に国会で首相指名選挙を行う方向で調整している。

 これに対し野党側は、新首相選出後も国会を閉会せず、衆参両院で所信表明演説や各党代表質問、予算委員会の質疑を行うよう要求。立憲民主党の福山哲郎幹事長は新型コロナウイルス対応などを念頭に「新内閣に対して論戦をしっかりしていきたい」と述べた。

 また、福山氏は国民民主党などと結成する合流新党の結党大会の開催について説明し、自民党総裁選や首相選出の日程を決める際には「ご配慮いただきたい」と与党側に要請した。

 その後、立民や国民など野党の国対委員長が国会内で会談した。立民の安住淳国対委員長は記者団に「7年8カ月ぶりに新しい首相が決まるわけだから、どういう方針で国政に臨むのか(臨時国会で)代表質問からしっかりやっていきたい」と主張した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ