PR

ニュース 政治

「ギリギリまで全力投球された」 静岡県知事が労ねぎらう

 静岡県の川勝平太知事は、28日午後の定例会見の最中にニュース速報を見た記者から質問されて、安倍晋三首相の辞意を知った。川勝知事は知事就任以前から国の審議会の委員などを歴任しており、安倍首相とは親交がある。「(新型コロナ対策という)防疫は、気力も体力も充実していないとできない。本人の体力が衰えると気力もなえて、的確な判断ができなくなるのかもしれない。安倍首相はこの間、的確に行動してきたし、第1次政権時にも体力的にはギリギリまで耐えた。ギリギリまで全力投球する、そういう方だと思う」と史上最長の政権運営を担った労をねぎらった。

 続けて安倍首相の悲願だった憲法改正に言及し「周囲が的確な工程表を作ることができず、悲願を実現できなかった」と残念がった。

 功績については「アベノミクスによって一時経済は伸びたが、途中で元に戻ったのは非常に無念だったと思う。アベノミクスは全世界で注目されたが、結果的には貧富の格差が拡大して一部にしわ寄せが出ている」と論評。続けて「私も審議会などで近くで安倍さんを知っているので、7年間見ていると何をしたいのかは分かる。体調が回復して成し遂げたいことがいろいろあったはずだ」と任期半ばで辞任する心境を推し量っていた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ