PR

ニュース 政治

コロナ感染ピーク 7月27~29日 分科会分析 沖縄など重症者増

その他の写真を見る(1/2枚)

 政府の新型コロナウイルス感染症対策分科会は21日、感染状況について「全国的に見れば、今回の感染拡大はピークに達したものと考えられる」と評価する分析結果をまとめた。発症日のピークは「7月27~29日頃」とした。しかし、大阪府や沖縄県などは重症者が増える傾向にあり、西村康稔経済再生担当相は今月21日の記者会見で「油断せず引き続き緊張感を持った対応が必要だ」と述べた。

 分科会の分析では「一部の地域では、新規感染者数は緩やかに減少を始めていると考えられる。同時に減少傾向かどうかはっきりしない地域もある」と指摘。「中高年層の感染者増加に伴い、大阪、沖縄、愛知、福岡などで重症者が増加傾向にある」とも強調した。

 分科会はまた、都道府県が独自に感染状況を見極め対策に役立てるための6指標を更新した。

 沖縄は全6指標で最も深刻なステージ4(感染爆発段階)の目安を超えた。8月11日時点で「最大確保病床」の逼迫(ひっぱく)具合を示す使用率が入院者全体で71・1%となり、全国で最も高くなった。13日時点の「1週間の新規感染者数」も、10万人当たり42・74人で、全国の中で突出した。

 西村氏は1人の感染者が平均何人にうつしたかを示す実効再生産数について、8月3日に東京都0・8▽大阪府0・9▽愛知県0・8▽沖縄県0・9-とそれぞれ「1」を下回ったことを明らかにした。1を上回れば感染が拡大し、下回れば縮小に向かっていることを意味する。ただ「再拡大の可能性がある」という。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ