PR

ニュース 政治

安倍首相は日帰り人間ドック 「休み明けの体調管理に万全期す」

慶応大病院から私邸に戻った安倍首相(中央)=17日午後6時16分、東京・富ケ谷
慶応大病院から私邸に戻った安倍首相(中央)=17日午後6時16分、東京・富ケ谷

 安倍晋三首相(65)は17日、東京・信濃町の慶応大病院に入った。首相周辺によると日帰りの人間ドックを受診したという。

 首相はこの日午前、東京・富ケ谷の私邸から慶応大病院に向かった。病院関係者は6月13日に受診した前回の人間ドックの追加検査だと説明。首相は17日夕に私邸に戻った際、記者団の問い掛けに「お疲れさま」とだけ述べた。

 首相はこれまで4~8カ月に1回の頻度で人間ドックを受けてきた。官邸関係者は「夏季休暇の機会を利用して、休み明けの体調管理に万全を期すために日帰り検診を受診した」と説明した。

 西村康稔経済再生担当相は17日の記者会見で首相の体調に関し「お盆の間も土日も、首相から電話で新型コロナウイルスの感染状況について質問される。体力、気力とも充実している」と述べた。政権幹部は「首相は19日まで休暇をとる。本当はもっと長く休んでほしいが、責任感が強くて休んでもらえない」と語った。

 首相は新型コロナ対策に追われているほか、5~6日に広島市、9日に長崎市に出張。15日には政府主催の全国戦没者追悼式に出席していた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ