PR

ニュース 政治

札幌のライブハウス、首都圏からの客9人陽性

札幌市役所(寺田理恵撮影)
札幌市役所(寺田理恵撮影)

 札幌市は12日、新型コロナウイルスのクラスター(感染者集団)が発生した同市中央区のライブハウスについて、首都圏から訪れていた客9人の陽性が確認されたことを明らかにした。

 また、陽性が確認されたとしていた首都圏からの出演者11人について、このうち1人が出演者側の運営スタッフだったと修正。このライブハウスの感染者は、出演者10▽運営スタッフ4▽客21-の計35人となった。

 さらに、札幌市はこのライブハウスで感染が広がった可能性がある7月21~24日の濃厚接触者の人数についても、出演者や客ら計80人から計79人に修正した。このうち検査済みは71人で、ライブハウスの従業員は全員が陰性と確認されている。これまでに陽性と確認された運営スタッフはいずれも出演者側の関係者。

 北海道では12日、新たに札幌市3人と大樹町1人の計4人の感染が確認された。いずれも症状は軽いか無症状で、札幌市の30代男性と大樹町の40代男性の2人の感染経路が分かっていない。

 道によると、大樹町の男性は同町立国民健康保険病院に勤務。道は同病院の職員と患者約40人の検査を実施する。

 12日午後5時時点の道内の感染者は延べ1583人(実人数1563人)。患者数は146人で、このうち重症者は3人にとどまっている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ