PR

ニュース 政治

尖閣周辺への中国船侵入「極めて深刻」 菅官房長官が懸念

会見に臨む菅義偉官房長官=11日午前、首相官邸(春名中撮影)
会見に臨む菅義偉官房長官=11日午前、首相官邸(春名中撮影)

 菅義偉(すが・よしひで)官房長官は11日午前の記者会見で、尖閣諸島(沖縄県石垣市)周辺の領海への中国公船による侵入が相次いでいる状況について「極めて深刻に考えている」と懸念を表明。「中国には毅然とした態度で冷静に対応したい」と述べた。

 同時に「尖閣諸島は歴史的にも、国際法上も、疑いようがないわが国固有の領土で、現にわが国が有効に支配している」と強調した。

 中国海警局の船は9日午前、尖閣諸島周辺の領海を約1時間25分航行した。尖閣周辺での中国当局の船の領海侵入は今年18日目。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ